お役立ち情報一覧
お役立ち情報一覧
結婚式・披露宴時の服装について
結婚式・二次会の服装について
パーティーの服装について
入学・入園式の服装について
普段使いに着回しできるドレス
結婚式でのコートの選び方
レディーススーツの選び方
セットアップスーツの着こなし術
レディーススーツを着こなすコツ
カジュアルスーツでワンステップ上のおしゃれ
1着は持っておきたいフォーマルスーツ
通販でダウンコートを購入するポイント
レディースウールコートの通販での選び方
女性に人気のコート選び
ドレスに合う女性向けトレンチコート
ダウンのお手入れについて
トレンチコートのお手入れについて
トレンチコートベルトの結び方
レディーススーツに合うコートの選び方
結婚式にお呼ばれした際に選びたいコート
結婚式に最適なトレンチコートの選び方
結婚式に参加する際のレディーススーツの選び方
営業女性におすすめレディーススーツの選び方
レディーススーツのシーン別マナーとは
スーツを綺麗に保つためのお手入れ方法
レディーススーツを着る際のインナーの選び方と注意点
レディーススーツのお手入れの方法
夏に最適なパーティードレスの選び方
就活で着用するレディーススーツの注意点
冬におすすめのパーティードレスの選び方
×閉じる

マナー・NG・着方・選び方/お役立ち情報

シーン別マナー・NG着方・選び方

今さら聞けないシーン別
マナー・NG
着方・選び方


結婚式の服装について


  • これで大丈夫♪結婚式の服装マナー

    結婚式の服装についてのイメージ画像

    結婚式に参列する際に大前提として注意しておきたいことは、新郎新婦よりも目立つ服装にはしないという点です。 結婚式の主役はあくまでご結婚される新郎新婦となりますので、それ以上に目立つことは失礼になってしまいます。



  • 明るさ爽やかさのトータルコーデ

    トータルコーデ

    男性が服装を選ぶ上で最低限注意しなければならないポイントは3つです。シャツとネクタイ、そして靴です。 シャツはできれば白いものやさわやかなブルー系を選ぶようにしてみましょう。



  • 時間帯に合わせて着る

    時間帯で着る

    スーツやタキシードの着方については、身の丈に合った物を選び、きちんと着ていかなければなりません。 丈が合っていなくて、袖が長すぎたり裾が長すぎたりするとだらしなく見えてしまいますので注意しましょう。



  • ブライズメイド(ブライドメイド)のドレス選び【結婚式に華を添えるブライズメイド】

    ブライズメイド

    最近では日本でも多くの新郎新婦が結婚式に取り入れることが増えた【ブライズメイド】。 今回は、そんなブライズメイドについて、どんな役割があるのか、だれに頼むべきなのか、ブライズメイドのドレスの用意についてなどを紹介致します。



  • 知っておきたいマナー・NG

    披露宴で知っておきたいマナー

    結婚披露宴では、アニマル柄などのファッション、アイテムはNGとなります。これはマナーとして最低限知っておくべき事項です。



  • 結婚式に親族として参列するときの服装マナー

    結婚式に親族として参列するときの服装マナー

    かけがえのない家族、親戚の結婚式。親族として参列するときはいつもと違う緊張感が走るものです。そんな大事な家族の結婚式に親族として参列するなら、失敗なくマナーや持ち物についてまでをご紹介するので、是非ご覧下さい。



  • 披露宴とコーデに合った小物選び

    披露宴にあったコーデの小物選び

    スーツ、もしくはドレスを着ていれば、他は何を着ていてもどのようなバッグ・アクセサリーを付けていても良いというわけでもありません。



  • アクセサリーの選び方と注意点

    アクセサリーの選び方と注意点

    結婚式に付けていくアクセサリー。実はアクセサリーにもマナーがあることはご存知ですか?よく結婚式には真珠のネックレスと聞きますが、どんなアクセサリーがベストなのでしょうか。 今回は、避けるべきアクセサリーやおすすめのアクセサリーをご紹介します。



  • 【男性版】結婚式に参列する服装のマナー

    【男性版】結婚式に参列する服装のマナー

    結婚式の参列は、女性と比べて男性はスーツなので、簡単なイメージが多くありますが、意外にどんなスーツがいいのか、男性も意外に悩むものです。 今回は、スーツの選び方、ビジネス用スーツでもいいのか、シャツの色・柄など、様々な部分までご紹介するので、是非参考にしてください。




結婚式・二次会の服装について



  • 結婚式・二次会の服装マナー

    二次会の服装についてのイメージ画像

    挙式や披露宴ではなく、二次会からお祝いの席に参加するというケースはよくあります。 新郎は男友達を、新婦は女友達を呼ぶのが通例ですが、異性の友達はいるものですし、友人と一緒に楽しみたいということもあるでしょう。



  • 会場に合った服装選び

    会場にあった服装についてのイメージ画像

    結婚式の二次会における服装選びについて、まず注意しなければならないのが、会場に合った服装かどうかという点になります。 二次会の会場として選ばれやすいケースは、おおよそ3種類に分類できます。



  • 目立ち過ぎるような着こなし方に注意

    服の着方については、服装に合わせて考えていく必要がありますが、だらしない着方にだけはならないよう注意していくと良いでしょう。 フォーマル寄りの服装を選んだにも関わらずカジュアルな着こなし方をするのも考えものですし、 また逆にカジュアル寄りの服装を選んだにも関わらずピッシリと着るのも少し違います。



  • カジュアルファッションはNG

    カジュアルなファッションNGのイメージ画像

    結婚式における服装のマナーと同様、二次会でもアニマル柄は着用がNGとなります。 アニマル柄はお祝いの席に相応しくはありません。



  • 二次会の服装を素敵に見せてくれる小物選び

    二次会の服装用の小物のイメージ画像

    披露宴と二次会では服装のマナーも違ってきます。新郎新婦のご友人が中心の二次会では同じパーティーでも雰囲気が違ってくるものです。 たとえ、披露宴と同じドレスでもアクセサリーや小物で、二次会スタイルの素敵な服装にガラリと変えられます。




パーティーの服装について



  • パーティーの服装マナー

    パーティーの服装についてのイメージ画像

    披露宴や結婚式の二次会といったある程度知っている人が集まって行われるお祝いのイベントならば、その場に合ったマナーは知っている方も多いことでしょう。



  • 時間帯によって変わる正装

    時間帯によって変わるのイメージ画像

    和服に振袖や留袖、小紋などの格式があるのと同じように、パーティーに着ていくドレスや服装についても格式が決まっています。



  • シーン合わしたトータルコーデ

    シーン合わしたトータルコーデを目指そうのイメージ画像

    男性がパーティーに着ていく服の着こなし方については、それほど特筆すべきことはありません。 強いて言えば、サイズがしっかりとフィットしている物を選ぶ必要があるということくらいです。



  • 昼・夜に合った小物選び

    昼・夜に合った小物選びのイメージ画像

    パーティードレスに似合うバッグを選ぶ方法は、実際のパーティードレスと合わせてみましょう。 ドレスをお買上げした時に一緒にバッグも購入してしまうのがおススメです。



  • 押さえておきたいパーティーマナー

    パーティーマナーのイメージ画像

    男性の場合、全身真っ黒なコーディネートはNGとまではいきませんが、避けておいた方が無難です。 黒は日本でも海外でも喪服を連想させることになり、お祝いごとの席ではタブーになります。




入学・入園式の服装について



  • 入学・入園式の服装マナー

    入学・入園式の服装マナーのイメージ画像

    まず、マナーとして1つだけわきまえておく事項があります。それは、主役はあくまでお子さま達であって、ご両親ではないという点です。



  • 清楚感あるデザインがおすすめ

    清楚感あるデザインのイメージ画像

    日本の場合、入学式や入園式などのイベントは春に行われることになりますので、この季節柄も考慮した上で服装選びを進めていくと良いでしょう。



  • 上品な着こなしを意識しましょう

    上品な着こなしのイメージ画像

    着こなし方で注意すべきポイントは、自分流の着方をしないということです。 着方一つだけで印象は大きく変わるものですし、着方によって個性が表現されることになり、これもファッションの醍醐味と言えるかもしれません。



  • 入学・入園式に合った小物

    入学・入園式に合った小物のイメージ画像

    基本的にはまずある程度華やかさも持ちつつ派手にならないように気をつけましょう。 服装に合った色なら黒にこだわる必要はありません。 フォーマルな場所で相応しくないものを避けることを大事にして選んでいきましょう。



  • 色気のある服装はNG

    色気のある服装はNGのイメージ画像

    入学式や入園式にNGなファッション、そのキーワードは色気です。あからさまに視線を惹くことが目的のファッションや、そう捉えられてもおかしくはないファッションはNGとなります。




結婚式で着るコートの選び方について



  • 結婚式でのコートのマナー

    結婚式でのコートのマナーについてのイメージ画像

    冬の寒い結婚式に会場まで向かうまでコートを着て行く機会が多いと思いますが、「どんなコートでもいい」と思ってはいませんか?



  • 会場でのコートの預け方

    会場でのコートの預け方ついてのイメージ画像

    コートは会場に着いた際、基本的に会場に設けてあるクロークに預けます。その際、私たちだけでなく来賓の人たちも集まる会場のクロークの前で、もたもたするのはあまり印象が良くありません。



  • 結婚式でNGとされているコート

    結婚式でNGとされているコートついてのイメージ画像

    コートの種類は基本的によっぽどのカジュアルなものでない限り、そこまで気にする必要はありません。ですが、NGなものがあります。



  • フォーマルシーンでは黒色のコートが万能

    黒色コートついてのイメージ画像

    コートはフォーマルな素材の物を選び、カラーはベージュやグレーなどの派手過ぎず、落ち着いた色合いのコートがおすすめです。また、黒いシックなコートもおすすめです。



  • 結婚式で着るおすすめコート

    結婚式に使えるコートついてのイメージ画像

    結婚式に着て行くコートのマナーについて把握できたところで、次は結婚式に着て行くパーティードレスに合うおすすめのコートをご紹介します。



  • コートに合うおすすめの羽織もの

    コートに合うおすすめの羽織ものついてのイメージ画像

    パーティードレスは一枚でも素敵に見えるデザインですが、冬の結婚式では流石に一枚だと寒いですよね。そこでおすすめなのが、羽織ものとコーディネートすること。




普段使いに着回しできるドレス



  • 普段使いにも着回しOKなドレス

    パーティドレスを選ぶ際には、お祝いの場に合った、華やかなものを選びたいものですよね。 しかし年に何回も着るものではないにもかかわらず「身内や同じ仲間内の式が重なった時には同じドレスを着たくない」との思いから、複数枚用意している人も多いのではないでしょうか。



  • ドレス選びで普段使いできるかを意識していない

    「考えない」と答えた人の理由の多くは「結婚式などイベントで着るものだと思うから」「普段ドレスを着る機会がないので、普段使いについては考えません」など、「ドレス=特別な時に着るもの」といったイメージを持っていることがわかります。



  • 普段使いもあり!なドレスはこんなデザイン

    普段使いが可能なドレスとは、一体どのようなものだと思いますか?



  • 普段着としてのドレスの着こなしポイント

    普段使いとしても使えるデザインだとしても、やはり普段着と比べると少し華やか過ぎる印象を受けるドレスもあります。そんな時は小物を使ってカジュアルダウンするのがおすすめです。




レディーススーツの選び方


セットアップスーツの着こなし術


レディーススーツを着こなすコツ


1着は持っておきたいフォーマルスーツ


今さら聞けないマナー・NG・着方・選び方

9商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
9商品 1-9表示
  • <
  • 1
  • >
9商品 1-9表示
  • < Prev
  • Next >

カジュアルスーツでワンステップ上のおしゃれ

ダウンコートを通販で購入するときのポイント

オシャレなレディースのウールコートを通販で選ぼう

女性に人気のコート選び


ドレスに合う女性向けトレンチコート


レディーススーツに合うコートの選び方



  • レディーススーツに合うコートの選び方

    レディーススーツに合わせるコートは、何でもよいわけではありません。コート選びを間違えるとビジネスの場にふさわしくない恰好をしてしまい、相手に悪い印象を与えてしまう恐れがあるので注意すべきです。 今回の記事では、スーツ用のコートを用意するメリット、コートの色の選び方、選ばないほうがよいコート、おすすめのコートをご紹介します。コートの購入をお考えの方は、ぜひご覧ください。



  • スーツ用のコートを用意するメリット

    わざわざスーツ用のコートを用意しなくても、普段使っているコートを使えばよいのではとお考えの方もいます。 しかし、普段使いのコートだとカジュアルすぎるため、ビジネスの場ではふさわしくありません。そのため、スーツ用のコートを別途用意すべきです。 下記では、スーツ用コートを用意する2つのメリットをご紹介します。



  • コートの色の選び方

    レディーススーツに合わせるコートの場合、ビジネスの場での使用が想定されるので、赤や青などの派手な色はふさわしくありません。 黒やグレー、ベージュなどの控えめな色合いのものを選ぶようにしましょう。 また、デザインに関しても、主張の強すぎるものはよくありません。シンプルで落ち着いた印象のものを選ぶのが無難です。



  • おすすめコートを2つ紹介

    レディーススーツに合うコートはたくさんありますが、その中でも特におすすめのコートを2つご紹介します。




結婚式にお呼ばれした際に選びたいコート



  • 結婚式にお呼ばれした際に選びたいコート

    結婚式にお呼ばれをしたら、ふさわしい装いでで出かけたいと思うものです。 結婚式で着用しても失礼にあたらないかどうか、考えてから服を選ばなくてはなりません。 ドレスの選び方はわかっていても、迷ってしまうのがコートです。 今回は、結婚式にお呼ばれしたら知っておきたいマナーや、選ぶべきコートについてご紹介いたします。



  • 結婚式のお呼ばれで心得ておきたい服装のマナー

    結婚式には、ふさわしい服装のマナーがあります。 新郎新婦にとっては人生の大切な日です。 お呼ばれをした側が常識外れな服装をして大切な日を台無しにしてしまわないよう、きちんとマナーを守った服装を心がけましょう。



  • 結婚式で着用NGのコート

    コートにも、結婚式での着用がふさわしくないものがあります。具体的に見ていきましょう。



  • 派手すぎず地味すぎないコートがベスト

    結婚式の服装には、さまざまなマナーがあります。 おしゃれだから、華やかにしたいから…という理由でマナーを破ってしまうと、周りから浮いてしまって悪目立ちするかもしれません。 結婚式は主役である新郎新婦を引き立てる日です。 コートも派手すぎず地味すぎないものを選ぶのがベストといえるでしょう。




結婚式に最適なトレンチコートの選び方



  • 結婚式にお呼ばれした際に選びたいコート

    結婚式にお呼ばれした際、何を着ていったらよいのだろうと、楽しみな反面、悩んでもしまいます。 とくにコートは、家にあるもので間に合わせようとすると、デザインがマッチせずに、せっかくのドレス・スーツが台無しになってしまいます。 コートは室内では脱いでしまいますが、ミスマッチなコートはできれば避けたいものです。 結婚式のためだけにコートを買い足すのはためらいますが、普段遣いもできて結婚式にも最適なコートを選べたらよいですね。 そこで今回は、結婚式でふさわしくないコートについてお伝えし、さらに、どんなドレスやスーツとも合わせやすいトレンチコートの選び方についてご紹介いたします。



  • 結婚式にふさわしいトレンチコートの選び方

    結婚式で着用するコートとして、トレンチコートはふさわしいコートです。 きれいなドレスやスーツとも相性がよく、カジュアルすぎずかしこまりすぎず、ちょうどよい雰囲気のコートといえるでしょう。 結婚式で着用するトレンチコートの選び方をご紹介いたします。



  • コートを着る前にやっておくべきこと

    結婚式で着用するコートに関して、事前にやっておくべきことがあります。



  • 結婚式に参列するならトレンチコートでふさわしい装いを

    トレンチコートは、結婚式で着用するコートとして最適です。 着用前にしっかりとお手入れをして、当日の着用に備えましょう。 トレンチコートは、結婚式で着用するだけではなく、普段使いもできます。 参列を機に新調したトレンチコートで、結婚式に映えるコーディネートを目指しましょう。




結婚式に参加する際のレディーススーツの選び方



  • 結婚式に参加する際のレディーススーツの選び方

    結婚式に参加する際は、レディーススーツを着用しますが、どのようなスーツを着ていけばよいのかとお困りの方も多いでしょう。 結婚式にはさまざまなマナーがあり、スーツに関してもマナーを意識して選ぶ必要があります。 今回は、レディーススーツの種類、結婚式に相応しくないスーツ、結婚式に適したスタイルとカラーについてご紹介します。これから結婚式に参加する方は、ぜひお役立てください。



  • レディーススーツの種類

    レディーススーツは、「セパレートタイプ」「ワンピースタイプ」「パンツスタイル」の3つに分類することができますが、それぞれ特徴、メリットが異なります。 下記では、これら3つのタイプのスーツの概要をご紹介します。



  • 結婚式にNGなレディーススーツはどんなの?

    結婚式では、マナーに合ったレディーススーツを選ぶ必要があります。下記では、結婚式にNGとされるスーツを3つご紹介します。



  • 結婚式にふさわしいスタイルとカラーとは

    以下では、結婚式に相応しいスタイルとカラーを2つご提案します。



  • 結婚式では控えめなカラー・デザインにする

    レディーススーツの種類や、結婚式に相応しいレディーススーツ、NGなスーツについてご紹介しました。 結婚式の主役は、花嫁、花婿であるので、参列者の方が過度に目立つのはよくありません。 レディーススーツを選ぶ際は、控えめなデザイン、カラーのものを心掛けたうえで、お洒落を楽しみましょう。




レディーススーツのお手入れの方法を詳しく解説



  • レディーススーツのお手入れの方法を詳しく解説

    レディーススーツを長くきれいに着続けるなら、日頃のお手入れが大切です。汚れをそのままにしてしまうと、繊維の中に入り込んで、生地自体を傷つけてしまうことも多いです。



  • レディーススーツのお手入れに使う3つのアイテム

    清潔感のあるレディースーツで仕事を続けるには、日頃のお手入れが欠かせません。お手入れをするには、道具がいくつか必要です。



  • レディーススーツのお手入れ方法を詳しく解説

    レディーススーツのお手入れ方法について解説いたします。仕事で使うレディーススーツは、社会人としての顔ともいえる重要アイテムです。



  • レディースーツを長く着こなすにはお手入れが肝心

    社会人の女性に欠かせないアイテムであるレディースーツは、お手入れを怠るとすぐに傷んでしまいます。




就活で着用するレディーススーツの注意点



  • 就活で着用するレディーススーツの注意点

    就活をする上で重要なポイントといえば、面接官に与える第一印象です。「TPOに合った着こなしができているか」「清潔感があるか」この2つが面接官の印象を左右する大きなポイントといってもよいでしょう。



  • 髪形やメイクにも配慮する

    スーツを整えたら、髪型やメイクにも気をつけてみましょう。目元を強調しすぎるアイメイクや濃いリップにならないよう注意してください。表情を明るく見せることを重点に、自然なメイクをしましょう。



  • スーツの着こなしで印象をアップしよう

    就活の際に行われる面接では、服装や髪形などが第一印象を左右します。面接の受け答えが完璧でも、スーツの着こなしがマナー違反であれば、合否に影響する可能性は十分にあります。




冬におすすめのパーティードレスの選び方



  • 冬におすすめのパーティードレスの選び方

    パーティードレスというとノースリーブや薄く柔らかい生地のものが多いと思われがちですが、寒い冬にそんな薄着で大丈夫なのかと思う人もいらっしゃるかと思います。



  • 冬のパーティードレス生地はハリ・ツヤと高級感が重要

    冬のパーティードレスに最適な生地は、しっかりした厚地でハリ・ツヤがあり、重厚な印象を与えてくれるものが適しています。



  • 冬のパーティードレスに最適な色は暖色系やくすみのある色

    寒い冬には暖かみを感じさせる色がピッタリです。その中でも鮮やかなものより彩度が低めのダスティカラーがおすすめです。



  • 暖かみがあってもブーツやファーなどはNG

    ブーツ、ファー、レザーなど冬の私服では定番のアイテムですが、結婚式などのフォーマルなシーンには不向きです。



  • 冬のパーティードレスは長めのデザインが◎

    冬のパーティードレスは、袖や裾が長めのデザインが最適です。袖が短めな場合などは、シックなジャケット風ボレロを合わせるのも素敵です。




夏に最適なパーティードレスの選び方



  • 夏に最適なパーティードレスの選び方

    夏は外は暑く、室内は冷房が効いて寒いくらいと温度差が激しいため、着るものに迷うところです。また、汗ジミなども気になります。



  • 夏のパーティードレスは汗が目立たず上品なシフォンやレース素材が最適

    せっかくのおしゃれも、わきの下や背中に汗のシミがあっては台無しです。しかし汗をかかないようにするのは難しい季節ですから汗ジミが目立たない素材や色のドレスを選ぶことが重要です。



  • 夏のパーティードレスの色はブルーやパステルカラーがオススメ

    パーティードレス選びは素材だけではなく色も重要です。夏のパーティーにはロイヤルブルーやミントブルーなどのブルー系やレモンイエローやパステルグリーンなどのパステルカラーがオススメです。



  • 夏のパーティードレスのシルエットは柔らかさ・軽やかさを感じさせるものを

    夏のパーティードレスは柔らかさや軽やかさを出して暑苦しさを感じさせない物や、スッキリ爽快な印象を与えるシルエットのドレスを選びましょう。



  • ふさわしい恰好で夏の楽しい時間を過ごそう

    夏のパーティードレス選びは、外の暑さと室内の涼しさの温度差に汗対策が重要なポイントになります。




お手入れ・保管方法
・豆知識

お手入れ・保管方法・豆知識


ダウンコートの失敗しない洗い方と簡単に出来るお手入れ方法について


  • 30,40,50代の大人ダウンコート

    30代40代50代の大人ダウンコートについてのイメージ画像

    冬の厳しい寒さを乗り切るためには、温かい服は必要不可欠です。 室内ならば、暖房設備も整っていますのである程度凌ぐことはできますが、外気に触れる時にはダウンコートのような保温力の高いコートは必須アイテムになります。



  • 失敗しないダウンコートの選び方

    失敗しないダウンコートの選び方についてのイメージ画像

    ダウンコートは丈の長さが短いタイプのものと長いタイプのものがあります。 ショート丈のものは、どちらかというと軽やかで快活な印象を受けるデザインで、可愛いというよりはスタイリッシュなものだと表現した方が正しいでしょう。



  • 素材・生地・撥水加工など

    素材・生地・撥水加工などについてのイメージ画像

    ダウンコートの内部に使用されているダウンとフェザーは、保温性、保湿性の高い素材で、この素材が使われているからこそダウンコートやダウンジャケットといった名前になっています。



  • ダウンに使われる品種

    ダウンに使われる品種についてのイメージ画像

    一言でダウンといっても、種類はたくさんあり、特徴も違ってきます。 ダウンの元になる水鳥の生息地や水鳥の品種で、ダウンコートやダウンジャケットの機能や保温・保湿にも違ってきます。



  • ダウンの品質

    ダウンの品質についてのイメージ画像

    日本でよく耳にするのがグースダウンとダックダウンではないでしょうか。グースとは日本語でガチョウ、ダックはアヒルを意味します。 一般的にはダックダウンのほうが質が低いといわれていますが、ダックダウンであっても質の高いものも実は存在します。



  • ダックダウンとグースダウン

    ダックダウンとグースダウンについてのイメージ画像

    ダックダウンとグースダウンの違いは二つあり、まず一つ目はフィルパワーの違いです。フィルパワーとは、ダウン自体の空気包含力のことで、フィルパワーの値が高いほど保温性が優秀だといえます。



  • ダウンとフェザー

    ダウンとフェザーについてのイメージ画像

    ダウンとは、胸の辺りからの綿毛で、先端には小羽枝と呼ばれる小さな枝毛があり、羽軸がなくタンポポの綿毛のような形をしています。この部分が空気の層をより多く含むことができます。 ダウンコートの中に入っているほとんどがこの部分です。



  • ダウンコートの臭いを取る方法

    ダウンコートの臭いを取る方法のイメージ画像

    日中に着用したダウンコートは、必ずハンガーに掛けるように心がけてください。掛けておくだけで、自然と臭いは薄まっていきます。



  • 羽毛の臭い取り

    羽毛の臭い取りのイメージ画像

    ダウンコートは羽毛を使った商品ですので、革製品が革の特有のにおいがすると同じように、ダウンにも羽毛特有のにおいがあります。



  • 自宅で洗濯するコツ

    自宅で洗濯するコツのイメージ画像

    実は、ほとんどのダウンは自宅で洗う事が可能です。 しかし、縫製が良くない低品質なダウンコートは、洗濯する事で縫い目が解けてしまう事があるため、自宅での洗濯は慎重にすすめていく必要があります。



  • 襟汚れの落とし方

    襟汚れの落とし方のイメージ画像

    軽く濡らしたスポンジに直接中性洗剤を染み込ませ、襟の汚れ部分に軽い力でポンポン叩くように洗うのがおすすめです。



  • ファンデ汚れの落とし方

    ファンデ汚れの落とし方のイメージ画像

    急いで拭いてもなかなか落ちないファンデ汚れ。 水や洗剤ではなかなか落ちない頑固なファンデ汚れには、「クレンジングオイル」を使った方法がおすすめです。



  • 来シーズンも活躍させたい
    ダウンの正しい保管方法

    ダウンの正しい保管方法のイメージ画像

    ダウンコートは厚みがあるものが多いため、上手く収納させるのも大変です。そこで正しい畳み方をご紹介。




トレンチコートのお手入れ方法について


  • そもそもトレンチコートってどんなアウター?

    トレンチコートってどんなアウターついてのイメージ画像

    トレンチコートは寒さ・雨風をしのげるように開発されたアウターです。



  • お手入れのポイント

    お手入れのポイントついてのイメージ画像

    コートのお手入れ方法のポイントとしては、主に下記の3点に注意すると良いでしょう。



  • ハンガーにかける

    当たり前のようにお考えの方も多いかもしれませんが、ハンガーにしっかりかけて保存しましょう。



  • 汚れは落としすぎない

    トレンチコートは比較的汚れや痛みに強い特性があるのですが、かと言って放置するのはよくありません。逆に過度のケアも逆効果になってしまいますので注意しましょう。



  • プロのクリーニング屋さんに任せる

    冬を越して、トレンチコートを着る季節でなくなった場合や目立つ汚れがついてしまった場合は、思い切ってプロに任せてみましょう。




トレンチコートベルトの結び方


  • トレンチコートベルトの結び方

    冬の寒い季節が終わり春の暖かい季節へと移る時期に欲しくなるトレンチコート。1着は持っているという方多いんじゃないでしょうか。



  • リボン結び

    レディーストレンチコートにオススメのリボン結び。スタイリッシュでカッコいいトレンチコートにベルトをリボン結びにする事で甘くフェミニンな印象を与えます。



  • 片リボン結び

    使いやすくシンプルで定番な結び方の片結び。通勤やお仕事、就職や会社訪問などの場面でおすすめのスタイル。



  • バックフロント結び

    後ろでベルトを止めて余りを見えなくさせることですっきりとさせたスタイルなのでお仕事などきちんと感が必要なシーンにピッタリの印象を与えます。



  • ワンテール結び

    シンプル過ぎず派手過ぎず使いやすいワンテール結び。リボン結びなどフェミニンで可愛らしい結び方が好みじゃない女性におすすめ。



  • バックリボン結び

    フェミニンで可愛い印象を与えるレディーにオススメのスタイル。フロントのリボン結びと似ていますが横にずらさずに真ん中で結ぶのがポイントです。



  • ダブルテール結び

    ほどけにくくシンプルでおしゃれに見せれる結び方。スマートで可愛く後ろ姿も可愛くなります。



  • ネクタイ結び

    トレンチコートのメンズライクさをより表現でき、コーディネートに合わせて使いたいネクタイ結び。




_

SPECIAL SALE 09/17 17:00〜09/23 23:59まで SPECIAL SALE開催! 詳しくはコチラ >