お役立ち情報一覧
お役立ち情報一覧
結婚式・披露宴時の服装について
結婚式・二次会の服装について
パーティーの服装について
入学・入園式の服装について
普段使いに着回しできるドレス
結婚式でのコートの選び方
レディーススーツの選び方
セットアップスーツの着こなし術
レディーススーツを着こなすコツ
カジュアルスーツでワンステップ上のおしゃれ
1着は持っておきたいフォーマルスーツ
通販でダウンコートを購入するポイント
レディースウールコートの通販での選び方
女性に人気のコート選び
ドレスに合う女性向けトレンチコート
ダウンのお手入れについて
トレンチコートのお手入れについて
トレンチコートベルトの結び方
レディーススーツに合うコートの選び方
結婚式にお呼ばれした際に選びたいコート
結婚式に最適なトレンチコートの選び方
結婚式に参加する際のレディーススーツの選び方
営業女性におすすめレディーススーツの選び方
レディーススーツのシーン別マナーとは
スーツを綺麗に保つためのお手入れ方法
レディーススーツを着る際のインナーの選び方と注意点
レディーススーツのお手入れの方法
夏に最適なパーティードレスの選び方
就活で着用するレディーススーツの注意点
冬におすすめのパーティードレスの選び方
×閉じる

スーツを綺麗に保つためのお手入れ方法/お役立ち情報

スーツを綺麗に保つためのお手入れ方法のイメージ画像

気に入って買った自分にぴったりのスーツは、少しでも長い期間きれいに着ていたいものです。正しくお手入れをすると、長く美しい状態を保つことができます。こちらでは、お手入れが必要な理由と具体的なお手入れの方法を紹介しますので、ぜひ実践してみてください。


お手入れが必要な理由

スーツは、一度着ただけでも少なからずダメージを受けます。そのダメージの原因となるのは、主にほこりと汗です。生地の表面に付着したほこりや汗は、繊維の中にまで入り込んでいきます。 これが変色の原因となったり、ほつれが発生して生地を傷ませたりし、全体的にくたびれた印象になってしまいます。 毎日のようにスーツを着ているのに何のお手入れもしていなければ、ダメージはどんどん蓄積されていきます。不衛生にもなり、雑菌が繁殖して臭いが発生する原因にもなります。 このようなトラブルを防ぐためには、着用後すぐに行うお手入れと定期的なメンテナンスが重要になります。 一方できれいになるからと頻繁にクリーニングに出すのも傷みが進む原因となります。クリーニングに出すと一時的に形が整いきれいになりますが、高いスーツであっても型崩れや生地の傷みなどのダメージを受けます。 自宅でのお手入れを実践していれば、クリーニングの頻度はシーズンが終わった衣替えの時期に1回で十分です。また、1着のスーツを連続して何日も着ると、ダメージが加速します。 スーツは1日着たら2日は休ませると良いです。そうすることで、着用時に生地に浸透した水分が蒸発し、シワも伸びます。


着たあとのお手入れ方法

スーツを1日着たあとは、簡単なお手入れを行いましょう。ジャケットは、スーツ用のハンガーにかけます。木製のハンガーなら、湿気を取ってくれる上に、静電気が発生しにくいメリットがあります。 肩のラインに沿って少し丸みを帯びた形をした、厚みがあって風通しを良くしてくれるハンガーを選びましょう。ボタンを留め、ポケットに入っている物はすべて出しておきます。 ポケットに物が入っていると、重みで生地が伸びたり、シワができたりするためです。ボトムはベルトを外してポケットに入った物を出し、クリップ付きのハンガーを使用します。 パンツは裾を上にして吊るしておくだけでも、ある程度シワが伸びます。 次にブラッシングを行います。ブラシでほこりを払い落としてきれいにする作業です。使用するブラシは、毛足が長く密度のある豚毛などの素材がベストです。 ブラッシングの順番は、肩から始めて最後は裾で終わるように、上から下への順に行います。ブラシは軽い力で下から上に、生地の目の中に入ったほこりをかき出すイメージで動かしていきます。 襟の裏側やポケットの中はブラッシングを忘れがちです。必ず裏返して、ほこりを落としましょう。 パンツやスカートも同様にブラッシングします。パンツは裾の部分に汚れがたくさんついているので、特に念入りに行いましょう。 下から上にブラシをかけたあと、上から下に再度ブラッシングするとほこりがよく落ちます。ボトムのポケットや裾の裏側もひっくり返してブラッシングをかけます。


定期的に行うべきお手入れ方法

スーツを長く着ていると、生地の繊維がつぶれてテカリが発生することがあります。テカリを直すには、ベンジンを布に付けて平らになった繊維を起こすように、優しく拭いていきます。 ひじやひざの部分のシワが取れないときは、スチームを当てます。スチームアイロンを直接生地に押し当てずに少し浮かし、蒸気だけをかけていきます。 特にシワやテカリがひどい場合は、霧吹きで水を吹き付けてから当て布をしてスチームアイロンをかけるとよく取れます。アイロンがけをする際は、アイロンをスーツの生地に合わせた適切な温度に設定します。 洗濯表示を確認すれば記載されています。シワを取りたいけれどアイロンをするのが面倒なときは、シワのある部分に霧吹きで水を吹き付けるか市販のシワ取りスプレーをかけてハンガーに吊るしておくだけで、自然にシワが伸びます。 シーズンオフなどで長期間着ないスーツは、不織布や防虫効果のあるスーツ用のカバーをかけて保管します。クリーニングから戻ってきたときのビニールのカバーのまま保管するのは、通気性が悪くなるので避けましょう。 また、普段着ているスーツもそうですが、日焼け防止のため、直射日光の当たらない場所で保管するのが鉄則です。 シーズン中に日焼けを防止したい場合は、ハンガーにかけたジャケットの方の部分にタオルや布をかけておくだけでも効果があります。


まとめ

このように少し手間をかけるだけでも、スーツは格段に長持ちします。 ビジネスシーンやフォーマルシーンできれいなスーツを着用してきちんとした印象を与えるためにも、普段のお手入れと定期的なメンテナンスは欠かせません。 最初は面倒に感じるかもしれませんが、普段の生活に習慣として取り入れてみてください。継続的に行えば、その効果を実感できます。





スーツを綺麗に保つためのお手入れ方法

57商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
57商品 1-57表示
  • <
  • 1
  • >
57商品 1-57表示
  • < Prev
  • Next >

_