お役立ち情報一覧
お役立ち情報一覧
結婚式・披露宴時の服装について
結婚式・二次会の服装について
パーティーの服装について
入学・入園式の服装について
普段使いに着回しできるドレス
結婚式でのコートの選び方
レディーススーツの選び方
セットアップスーツの着こなし術
レディーススーツを着こなすコツ
カジュアルスーツでワンステップ上のおしゃれ
1着は持っておきたいフォーマルスーツ
通販でダウンコートを購入するポイント
レディースウールコートの通販での選び方
女性に人気のコート選び
ドレスに合う女性向けトレンチコート
ダウンのお手入れについて
トレンチコートのお手入れについて
トレンチコートベルトの結び方
レディーススーツに合うコートの選び方
結婚式にお呼ばれした際に選びたいコート
結婚式に最適なトレンチコートの選び方
結婚式に参加する際のレディーススーツの選び方
営業女性におすすめレディーススーツの選び方
レディーススーツのシーン別マナーとは
スーツを綺麗に保つためのお手入れ方法
レディーススーツを着る際のインナーの選び方と注意点
レディーススーツのお手入れの方法
夏に最適なパーティードレスの選び方
就活で着用するレディーススーツの注意点
冬におすすめのパーティードレスの選び方
×閉じる

入園・入学式の服装マナー/お役立ち情報

入学・入園式の服装マナーのイメージ画像

知っておきたい入学・入園式の服装マナー

まず、マナーとして1つだけわきまえておく事項があります。それは、主役はあくまでお子さま達であって、ご両親ではないという点です。
お子さま達の晴れ舞台は、今後何度も訪れることになると思いますが、どのセレモニーであったとしてもこの前提だけは崩れることはありません。 この前提から、入学式や入園式といったイベントにふさわしい服装となると、やはり親として恥ずかしくない格好ということになります。
世間の常識を身に付けて、責任を持って子どもを育てている親であることを象徴するような服装で整えた上で式に臨む必要があります。
スーツやドレス、普段着など、どのような服装で式に臨むのがマナーになっているのでしょうか。
それでは、具体的にどのような点に注意して入学式や入園式といったイベントの服装を選んでいけば良いのかについて見ていきましょう。
着こなし方や、これだけは避けておいた方が良いファッションなど、ぜひ参考にして服装選びに役立ててみてください。



清楚感あるデザインがおすすめ

清楚感あるデザインのイメージ画像

日本の場合、入学式や入園式などのイベントは春に行われることになりますので、この季節柄も考慮した上で服装選びを進めていくと良いでしょう。
また、晴れ舞台ということもありますので、暗めの色というよりは明るめの色や淡い色合いのデザインが一般的に好まれている服装となります。
具体的なカラーとしては、オフホワイトやベージュ、ライトグレーなどのパステルカラーが好まれています。 黒色のスーツを着て出席するのも悪いわけではありませんが、これだとどうしても印象が暗くなってしまいがちです。 もしも黒いスーツで参加するという場合には、明るい色合いのインナーで雰囲気を柔らかくしたり、 アクセサリーやスカーフといったアイテムの色合いを明るめにしたりなど、暗くなり過ぎないように心掛けてまとめていく必要があります。


  • 好ましくない
    服装
    NGスーツの画像
    黒色のスーツを着て出席するのも悪いわけではありませんが、これだとどうしても印象が暗くなってしまいがちです。
  • 明るめのアイテムをプラスでOK!
    アクセサリー,スカーフの画像
    アクセサリー、スカーフなどのアイテムで全体の印象を明るめにして暗くなり過ぎないように心掛けましょう。

イメージとしては、清楚感のあらわれるデザインの服を選ぶのが良いでしょう。
若いお母さんならばどちらかと言うと可愛い感じのものを選びたいかもしれませんが、 世間一般の目としては可愛いというよりは清楚系のものがこういったセレモニーにふさわしい服装とされていますので、これを機にファッションの方向性について考えてみるのもいいでしょう。



清楚感溢れるおすすめのスーツ



上品な着こなしを意識しましょう

上品な着こなしのイメージ画像

着こなし方で注意すべきポイントは、自分流の着方をしないということです。
着方一つだけで印象は大きく変わるものですし、着方によって個性が表現されることになり、これもファッションの醍醐味と言えるかもしれません。
しかし、セレモニーに参加するというシーンや、その他にもフォーマルなシーンにおいては個性よりも協調性の方が求められることになり、例えばスーツは個性的な着方をするものではないため、着ていく人が多いのです。 そのため、どちらかと言うと服装の選び方や、もしくは合わせるアクセサリーや小物などに注力すべきと言えるかもしれません。
アクセサリーについては、やはり王道の真珠が好まれる傾向にあります。イヤリングやネックレスなどをスーツに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

差をつけるアクセサリー・小物
  • パール素材のアクセサリーの画像02
  • パール素材のアクセサリーの画像03
  • パール素材のアクセサリーの画像04
  • パール素材のアクセサリーの画像01
  • コサージュのアクセサリーの画像05
  • コサージュのアクセサリーの画像06
  • コサージュのアクセサリーの画像07

あくまで全体の印象が上品にまとまるように心掛けて合わせてください。また、入学式や入園式などのイベントにはベージュのストッキングが好まれる傾向にあります。 こちらも上品にまとめるために必要となりますので、必須アイテムとして捉えておきましょう。
落ち着いた大人の上品な雰囲気、清楚な雰囲気を出すためのコツとして1点だけおすすめしたいのは、ひざ下のスカートです。 短いスカートではなく、できれば長めのものを履くようにして、ファッション全体を落ち着かせる、一部だけを目立たせないようにするのがおすすめとなります。


入学・入園式に合った小物

入学・入園式に合った小物のイメージ画像

基本的にはまずある程度華やかさも持ちつつ派手にならないように気をつけましょう。 服装に合った色なら黒にこだわる必要はありません。 フォーマルな場所で相応しくないものを避けることを大事にして選んでいきましょう。


落ち着いた色がおすすめのフォーマルバッグ

バッグのイメージ画像

バッグについても同様に派手なデザインのものではなく、落ち着いた色合いのものを選んでおく必要があります。 ブランドロゴが入った高いブランドバッグは避けておきましょう。ブランドバッグはカジュアルと思われがちです。 安くても、無地の綺麗なフォーマルバッグがおすすめです。素材は革や合皮素材のものを選んでいきましょう。 カラーは黒やベージュが主流となっています。

NGのバッグ
  • NGバッグの画像

ブランドバッグはカジュアルと思われてしまうので、ブランドロゴの入った高級ブランドバッグは避けておきましょう。


入園・入学式におすすめのバッグ


入園・入学式に使えるアクセサリー・小物

アクセサリーのイメージ画像

入学式や入園式のようにお昼間のフォーマルな場では、光もののアクセサリーは控えましょう。 基本的にはパールが一番オススメなアクセサリーとなります。 ダイヤなどきらきら光るアクセサリーは基本夜のフォーマル用とされています。NGとまではいえませんが、控えたほうが無難でしょう。 お子さまが主役ですので、多少控えめにして、ネックレスのみやコサージュだけにしても大丈夫です。

おすすめのアクセサリー・小物


色気のある服装はNG

色気のある服装はNGのイメージ画像

入学式や入園式にNGなファッション、そのキーワードは色気です。あからさまに視線を惹くことが目的のファッションや、そう捉えられてもおかしくはないファッションはNGとなります。
具体的に例を挙げていくと、丈が短いスカート、ストッキングを履かない、高いヒール、派手なネイルやアクセサリーなどになります。
これらに共通しているのは、人目を引くファッションということです。
まずNGの前提として、肌の露出は避けるべきです。特に注意しておきたいのがスカート丈とストッキングについてです。
スカートの丈はひざ上のものは厳禁で、生足を出すのは控えて必ずストッキングを着るようにしましょう。 高さのあるヒールはできるかぎり履かない様にしましょう。フォーマルなシーンにおすすめなのは、やはりパンプスでしょう。 ネイルについては素爪が望ましいですが、自然な色合いの清潔感あるものならば大丈夫です。


まとめ


入園式・入学式の「主役は子供たち」という事です。子供を差し置いて母親がオシャレに着こなしていても、周りの母親から白い目で見られてしまいます。 子供を引き立てる控えめなコーディネートを心がけましょう。子供たちにとって素晴らしい学園生活になりますように。


入学・入園式の服装について

21商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
21商品 1-21表示
  • <
  • 1
  • >
21商品 1-21表示
  • < Prev
  • Next >

_