お役立ち情報一覧
お役立ち情報一覧
結婚式・披露宴時の服装について
結婚式・二次会の服装について
パーティーの服装について
入学・入園式の服装について
普段使いに着回しできるドレス
結婚式でのコートの選び方
レディーススーツの選び方
セットアップスーツの着こなし術
レディーススーツを着こなすコツ
カジュアルスーツでワンステップ上のおしゃれ
1着は持っておきたいフォーマルスーツ
通販でダウンコートを購入するポイント
レディースウールコートの通販での選び方
女性に人気のコート選び
ドレスに合う女性向けトレンチコート
ダウンのお手入れについて
トレンチコートのお手入れについて
トレンチコートベルトの結び方
レディーススーツに合うコートの選び方
結婚式にお呼ばれした際に選びたいコート
結婚式に最適なトレンチコートの選び方
結婚式に参加する際のレディーススーツの選び方
営業女性におすすめレディーススーツの選び方
レディーススーツのシーン別マナーとは
スーツを綺麗に保つためのお手入れ方法
レディーススーツを着る際のインナーの選び方と注意点
レディーススーツのお手入れの方法
夏に最適なパーティードレスの選び方
就活で着用するレディーススーツの注意点
冬におすすめのパーティードレスの選び方
×閉じる

夏に最適なパーティードレスの選び方/お役立ち情報

夏は外は暑く、室内は冷房が効いて寒いくらいと温度差が激しいため、着るものに迷うところです。また、汗ジミなども気になります。 そんな夏に選ぶパーティードレスはどのような物が適しているのでしょうか。 夏に最適なパーティードレスの選び方を素材、色、シルエットなどの面からご紹介します。


夏のパーティードレス選びは室内外の温度差と汗に対する対策が重要についてのイメージ画像

夏のパーティードレス選びは室内外の温度差と汗に対する対策が重要

夏のパーティードレスには露出度の高いノースリーブやベアタイプのドレスが向いていると思われがちです。 会場に着く前は汗をかくのが当然の暑さ。汗ジミが気になる人もいるでしょう。しかし、意外とパーティー会場は冷房が効いていて、袖付きのドレスでも寒いと感じるほどです。 つまり、夏のパーティードレス選びでは外と室内の温度差に汗に対する対策が重要です。


肌の露出度が高いドレスには羽織り物が必須

ノールスリーブやベアタイプなど肌の露出度が高いドレスは一見夏向けに見えますが、結婚式などフォーマルなシーンではドレス1枚で参加するのはNGです。 室内の冷房で寒いというのもありますが、ボレロやショール、ストールなどを上から羽織ることをオススメします。 ただし、秋冬用の厚手の素材では暑苦しく見えてしまいます。シフォンやレースなど夏向けの薄手素材のものを選びましょう。会場までの日焼け対策としても効果的ですから、1枚は持っておくと便利です。


暑くても素足はNG!ヌーディーなストッキングをはくこと

夏の足元の定番であるミュールやサンダル。 おしゃれなデザインでパーティー向けのものも多いですが、フォーマルなパーティーでは素足のままではなく、必ずヌーディーな肌色・無地のストッキングを履きましょう。



夏のパーティードレスは汗が目立たず上品なシフォンやレース素材が最適についてのイメージ画像

夏のパーティードレスは汗が目立たず上品なシフォンやレース素材が最適

せっかくのおしゃれも、わきの下や背中に汗のシミがあっては台無しです。 しかし、汗をかかないようにするのは難しい季節ですから、汗ジミが目立たない素材や色のドレスを選ぶことが重要です。


シフォン素材のドレスは吸汗性・通気性がいい

シフォンは薄手で柔らかく、透け感があり、肌の露出も適度に抑えられます。また、吸汗性や通気性もいいので夏のパーティードレスの素材としては最適です。


レース素材は重たい印象のカラーでも軽やかに

レース素材は隙間が多めで通気性がよく、華やかさもあります。 パーティードレスとしては人気のある黒や紺のドレスは夏には少し重たく感じられますが、総レースのドレスなら軽やかな印象になりますし、華やかさもプラスされます。


サテンは汗をかくと肌に張り付くのでNG

光沢のあるサテン地はパーティードレスにもよく使われる素材ですが、汗をかくと肌に張り付いてしまうので夏には不向きです。



夏のパーティードレスの色はブルーやパステルカラーがオススメについてのイメージ画像

夏のパーティードレスの色はブルーやパステルカラーがオススメ

パーティードレス選びは素材だけではなく色も重要です。 夏のパーティーにはロイヤルブルーやミントブルーなどのブルー系や、レモンイエローやパステルグリーンなどのパステルカラーがオススメです。 また、ベージュなど軽く明るい色も適しています。いずれにしても見た目の涼しさが感じられるものを選ぶといいでしょう。


赤やボルドーなど濃い色を選びたい時は透け感素材の羽織り物と合わせる

赤やボルドー、黒など濃い色のドレスは暑苦しく見えるので基本的に夏のパーティードレスには不向きです。 どうしてもという場合は総レース素材にしたり、上にレースやシフォンのように透け感のある素材や、ベージュやシルバーなど明るい色のボレロやショールと合わせると暑苦しさが緩和されます。



夏のパーティードレスのシルエットは柔らかさ・軽やかさを感じさせるものをについてのイメージ画像

夏のパーティードレスのシルエットは柔らかさ・軽やかさを感じさせるものを

夏のパーティードレスは柔らかさや軽やかさを出して暑苦しさを感じさせない物や、スッキリ爽快な印象を与えるシルエットのドレスを選びましょう。 例えばIライン(ボックスライン)のドレスは、縦ラインを強調するデザインでスッキリと爽やかな印象を与えてくれます。体型を細く見せる効果もあります。 シフォンの特徴を生かした柔らかく軽やかなデザインのドレスは、体のラインを出したくない時にオススメです。 人形のように裾が広がるマーメイドラインのドレスも海を連想するので夏に適しています。ただし、派手なシルエットになりますから、目立ちすぎないように注意しましょう。 特に結婚式の場合は花嫁がマーメイドラインのウェディングドレスを着る可能性がありますから注意が必要です。


体のラインが出るタイトなシルエットは不向き

ピッタリと体のラインが出るドレスは、フォーマルの場にはふさわしくありません。汗ジミも目立つので夏のパーティードレスとしてはオススメしません。



ふさわしい恰好で夏の楽しい時間を過ごそうについてのイメージ画像

ふさわしい恰好で夏の楽しい時間を過ごそう

夏のパーティードレス選びは、外の暑さと室内の涼しさの温度差に汗対策が重要なポイントになります。 肌の露出度が高いドレスは透け感のある素材のボレロやショールなどを羽織ると温度調整に便利ですし、品よくまとまるのでオススメです。 シフォンやレース素材は軽く吸汗性・通気性に優れているため夏のパーティードレスには最適です。色はロイヤルブルーやミントブルーなどの青系や、レモンイエローなどのパステルカラー、ベージュやシルバーなどがオススメです。 ドレスのシルエットは「ふんわり軽やか」「すっきり爽快」な印象を与えるものを選ぶといいでしょう。ボディラインにピッタリしたドレスは、汗をかいたときに目立ちやすいので不向きです。 暑さや汗対策など他の季節に比べて選ぶのが難しい夏のパーティードレスですが、ふさわしい恰好で楽しい時間を過ごしましょう。



おすすめパーティードレス


夏に最適なパーティードレスの選び方

9商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
9商品 1-9表示
  • <
  • 1
  • >
9商品 1-9表示
  • < Prev
  • Next >

_

SPECIAL SALE 09/17 17:00〜09/23 23:59まで SPECIAL SALE開催! 詳しくはコチラ >