お役立ち情報一覧
お役立ち情報一覧
結婚式・披露宴時の服装について
結婚式・二次会の服装について
パーティーの服装について
入学・入園式の服装について
普段使いに着回しできるドレス
結婚式でのコートの選び方
レディーススーツの選び方
セットアップスーツの着こなし術
レディーススーツを着こなすコツ
カジュアルスーツでワンステップ上のおしゃれ
1着は持っておきたいフォーマルスーツ
通販でダウンコートを購入するポイント
レディースウールコートの通販での選び方
女性に人気のコート選び
ドレスに合う女性向けトレンチコート
ダウンのお手入れについて
トレンチコートのお手入れについて
トレンチコートベルトの結び方
レディーススーツに合うコートの選び方
結婚式にお呼ばれした際に選びたいコート
結婚式に最適なトレンチコートの選び方
結婚式に参加する際のレディーススーツの選び方
営業女性におすすめレディーススーツの選び方
レディーススーツのシーン別マナーとは
スーツを綺麗に保つためのお手入れ方法
レディーススーツを着る際のインナーの選び方と注意点
レディーススーツのお手入れの方法
夏に最適なパーティードレスの選び方
就活で着用するレディーススーツの注意点
冬におすすめのパーティードレスの選び方
×閉じる

就活で着用するレディーススーツの注意点/お役立ち情報

就活をする上で重要なポイントといえば、面接官に与える第一印象です。 「TPOに合った着こなしができているか」「清潔感があるか」この2つが面接官の印象を左右する大きなポイントといってもよいでしょう。 そこで今回は、就活におけるレディーススーツの選び方や着こなし方ついて詳しく解説いたします。


就活で着用するレディーススーツの正しい選び方や着こなし方についてのイメージ画像

就活で着用するレディーススーツの正しい選び方や着こなし方

就活で着用するスーツは一般的に「リクルートスーツ」と呼ばれ、ビジネススーツとは色や柄、素材や着こなし方なども異なります。 着こなし方をわきまえていなかったがために、面接官の印象がマイナスになってしまうのは非常にもったいないことです。 これから就活で着用するレディーススーツを購入する予定の方は、選び方や着こなしをしっかりマスターしておきましょう。


スーツの色はダークカラーが基本

スーツの色は、黒や紺などのダークカラーが基本です。 女性の場合は「ダークカラーのシングル2ボタンのスーツ」がもっとも多く選ばれています。 個性を出してグレーを選ぶ方もいらっしゃいますが、悪目立ちしてしまう可能性があるので、就活では無難に黒や紺を選んでおくことをおすすめします。 また、スーツの色は面接する企業に合わせることが重要です。金融業界や公務員の場合、個性を出すことは面接官にマイナスの印象を持たれる可能性があります。真面目さをアピールできるダークカラーを選ぶようにしましょう。 一方、アパレル業界やIT業界などの場合は、黒や紺以外のスーツの方がセンスの良さや流行に対しての敏感さなどをアピールできて効果的な場合もあります。面接する業界にあわせてスーツの色を選ぶことが大切です。


ジャケットのボタンは留める

男性の場合は、ジャケットのボタンの上2つは留めて一番下を外すことが一般的ですが、女性の場合、ジャケットのボタンはすべて留めるのが基本です。 そのため、ボタンを全部留めてもきつくない、適度なゆとりがあるスーツを選ぶことが重要です。ゆとりがありすぎるとだらしなく見えるので、ボタンを留めたときにスーツにシワやヨレが出ない、体のラインが美しく見えるサイズを選びましょう。


スカート丈は短すぎないものを選ぶ

スカートは、立ったときに膝半分が隠れるぐらい、椅子に座ったときに膝上10cm以内になる丈がよいでしょう。 パンツスーツも活発な印象を与えることができるので、業界にあわせて選んでみてください。 スキニーパンツなどの体のラインを強調するボトムはマイナスの印象を与えることもありますので、太すぎず細すぎないラインのパンツを選ぶとよいでしょう。


インナー(シャツ)の色やデザインにも注意

スーツの下に着るインナー(シャツ)の色やデザインにも注意が必要です。 絶対に白でなくてはいけないというルールはありませんが、スーツの色と同様、白の無地が無難です。 ボタンダウンやストライプなどの柄物は避けた方がよいでしょう。また、白のシャツは下着が透けやすいので、キャミソールを重ねて着るなど透け対策もあわせて行いましょう。


靴は3〜5cmのヒールのものを選ぶと◎

靴は、ヒールが3〜5cmで、デザインはシンプルでつま先が丸く、装飾がないプレーンなデザインか、ストラップ付のデザインがよいでしょう。 とくに、普段パンプスを履かない方は、ストラップ付の靴が歩きやすくておすすめです。


ストッキングの色はベーシックな肌色がおすすめ

ストッキングの色は、自分の素肌の色に近いベーシックな肌色を選びましょう。 黒のストッキングはマナー違反なので注意しましょう。 また、伝線したときのために替えのストッキングもお忘れなく。


バッグは黒のA4サイズの書類が折らずに入るもの

バッグを選ぶ際のポイントは下記の3つです。

・色は黒。
・A4サイズの書類が折らずに入る。
・自立する。

色に関しては、黒のシンプルなバッグが無難です。 サイズですが、資料を入れるためにA4サイズが入るかどうかという点も重要です。A4ジャストのものでは、書類を折らないとバッグに入らないということもあります。A4よりやや大きめのサイズを選ぶと安心です。 また、面接の際にはバッグを床に置くことが多いため、床に置いたときにバッグが自立するかどうかも重要なポイントです。



髪形やメイクにも配慮するについてのイメージ画像

髪形やメイクにも配慮する

スーツを整えたら、髪型やメイクにも気をつけてみましょう。 目元を強調しすぎるアイメイクや濃いリップにならないよう注意してください。表情を明るく見せることを重点に、自然なメイクをしましょう。 ノーメイクというのもマナーとしてはNGです。スーツにノーメイクはバランスが悪く、表情も暗く見えてしまうので最低限のメイクをすることをおすすめします。 肌が弱い方は、敏感肌用のパウダーや色付きリップ、眉毛を整えておくだけでも印象は変わります。 また、髪形も清潔感を第一に整えておきましょう。ロングヘアならひとつにまとめるかハーフアップ、ボブやショートなら髪が顔にかかって表情が暗く見えないように耳にかけるか、目立たないピンで留めてもよいでしょう。



スーツの着こなしで印象をアップしようについてのイメージ画像

スーツの着こなしで印象をアップしよう

就活の際に行われる面接では、服装や髪形などが第一印象を左右します。 面接の受け答えが完璧でも、スーツの着こなしがマナー違反であれば、合否に影響する可能性は十分にあります。 今回の記事を参考に、万全の態勢で面接に臨んでください。




就活で着用するレディーススーツの注意点

2商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
2商品 1-2表示
  • <
  • 1
  • >
2商品 1-2表示
  • < Prev
  • Next >

_

SPECIAL SALE 04/09 17:00〜04/12 23:59まで SPECIAL SALE開催! 詳しくはコチラ >