お役立ち情報一覧
お役立ち情報一覧
結婚式・披露宴時の服装について
結婚式・二次会の服装について
パーティーの服装について
入学・入園式の服装について
普段使いに着回しできるドレス
結婚式でのコートの選び方
レディーススーツの選び方
セットアップスーツの着こなし術
レディーススーツを着こなすコツ
カジュアルスーツでワンステップ上のおしゃれ
1着は持っておきたいフォーマルスーツ
通販でダウンコートを購入するポイント
レディースウールコートの通販での選び方
女性に人気のコート選び
ドレスに合う女性向けトレンチコート
ダウンのお手入れについて
トレンチコートのお手入れについて
トレンチコートベルトの結び方
レディーススーツに合うコートの選び方
結婚式にお呼ばれした際に選びたいコート
結婚式に最適なトレンチコートの選び方
結婚式に参加する際のレディーススーツの選び方
営業女性におすすめレディーススーツの選び方
レディーススーツのシーン別マナーとは
スーツを綺麗に保つためのお手入れ方法
レディーススーツを着る際のインナーの選び方と注意点
レディーススーツのお手入れの方法
夏に最適なパーティードレスの選び方
就活で着用するレディーススーツの注意点
冬におすすめのパーティードレスの選び方
×閉じる

レディーススーツのシーン別マナーとは/お役立ち情報

レディーススーツのシーン別マナーとはのイメージ画像

レディーススーツを素敵に着こなしたいなら、TPOに合わせた着こなしを心がけましょう。シーン別のマナーをご紹介しますので、スーツスタイルの参考にしてみてください。


レディーススーツの着こなしマナーとは

レディーススーツは、ビジネスシーンやフォーマルシーンできちんとした印象を演出したいときに着るものですので、肌の露出は控えめにします。 ただ、暑い夏場でもレディーススーツを着たい場合には、7分袖のジャケットを選んでも良いでしょう。ジャケットは長袖が基本ですが、どうしても暑さを和らげたいときは活用できます。 インナーを襟付きのシャツではなくシンプルなカットソーに替えることでも、少し涼しさを感じられます。 メンズスーツでは、立つときはジャケットの一番下のボタンを開ける、座るときはすべて開けるといったことがあります。しかし、レディーススーツの場合は、ジャケットのボタンはどの場面でもすべて閉めておくのがマナーです。 そして、スカートの丈はどのようなシーンでも立っているときは膝が半分隠れるくらい、座ったときは膝上10cmくらいまでの丈を目安にしましょう。 また、ジャケットの中に着るシャツは美しく見せられるように、胸元にしわが寄っていないことが重要です。そのため、バストサイズに合わせたシャツを選びましょう。 寒い時期は、防寒としてインナーにカーディガンやセーターなどを合わせることもできます。ただし、これらはカジュアル寄りのアイテムになりますので、職場の服装規定で禁止されている場合やフォーマルな場所では避けましょう。


パーティーやお呼ばれの着こなしマナー

パーティーでは、華やかさを演出するのがマナーです。ビジネス用のレディーススーツをそのまま着るのでは地味すぎるので、シャツをフリルの付いたパステルカラーのものにする、 アクセサリーやコサージュをプラスするなど、一工夫して着こなします。また、黒やダークグレーの色で光沢感のない素材は暗い雰囲気になりがちですので、 ライトグレーやベージュなどの明るい色味のものや光沢感のあるものを選ぶようにします。お祝いの席にふさわしい、デザイン性の高いレディーススーツも売られています。 ワンピーススーツなら、結婚式や披露宴ではジャケットとワンピースをセットで、パーティーや食事会ではワンピースのみでと着回せます。 フォーマルな場ではストッキングは黒は避け、スキンカラーを選びましょう。シューズはヒールのあるパンプスを選ぶのが基本です。ヒールの高さは3cmから7cm程度が目安です。


入園式、卒園式の着こなしマナー

入園式は、おめでたい式典に出席するということもあって、きちんとして見えるフォーマル、かつ春らしい明るく華やかな着こなしをするのが一般的な服装マナーです。 レディーススーツでは、ベージュや淡いピンクのファンシーツイードのセットアップや、シフォン素材のワンピースやプリーツスカートにジャケットを羽織るスタイルなどが人気です。 卒園式では、入園式とは対照的に黒や紺などのダークカラーでシックにまとめた着こなしが定番です。入園式、卒園式ともに同じレディーススーツを着回したいなら、ライトグレー系の色を選ぶのがおすすめです。 ただ、無地のライトグレーはビジネス風になりがちですので、ミックスツイードのセットアップを選ぶ人が多いです。もし無地のものを着るなら、インナーに合わせるブラウスをボウタイやレースの付いた華やかなものにしましょう。 レディーススーツは同じでも、コサージュやバッグなどの小物の色合いを変えるだけで全体の印象を変えることができます。入園式では白やピンクの小物を、卒園式ではダークグレーや紺の小物を合わせると良いでしょう。


就活の着こなしマナー

就活で着るレディーススーツでは、全体として美しい着こなしができているかどうかがポイントです。見た目でも面接官にアピールしなければならないシーンですので、細かいマナーにも気を配りましょう。 スカートかパンツかは、好みで選んで問題ありません。パンツスーツはよりアクティブな印象になりますので、面接を受ける業界によってスカートスーツと使い分けて着るのも良いでしょう。 色は黒の無地が最も無難です。バッグとパンプスも、黒のレザー調タイプが定番です。そして、ストッキングはスキンカラーのものを必ず着用します。 サイズが自分の身体に合っていることも大切です。試着できるときは良いのですが、通販で購入したいときにはサイズ選びに気を付けましょう。 ジャケットの肩幅がぴったりと合っていて、胸囲は少しゆとりがあるものがベストです。ジャケットの着丈はおしりの一番高いところにかかる程度、袖丈は手首が隠れる長さが適しています。 通販で購入したいなら、自分の身体をきちんと採寸して商品のサイズ表と照らし合わせるとともに、他のアイテムとのバランスも見ながら選びます。 また、自分にぴったりのレディーススーツをすでに持っているなら、2着目はそれと同じサイズのものを買えば大丈夫です。


まとめ

シーンに合わせたレディーススーツの着こなしは、自分の気持ちが引き締まるだけではなく、周囲にいる人に良い印象を与えたり、その場の雰囲気を盛り上げたりできる役割を持っています。マナーを守って、自分らしく美しいスーツスタイルを楽しみましょう。


おすすめレディーススーツ



レディーススーツのシーン別マナーとは

57商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
57商品 1-57表示
  • <
  • 1
  • >
57商品 1-57表示
  • < Prev
  • Next >

_