お役立ち情報一覧
お役立ち情報一覧
結婚式・披露宴時の服装について
結婚式・二次会の服装について
パーティーの服装について
入学・入園式の服装について
普段使いに着回しできるドレス
結婚式でのコートの選び方
レディーススーツの選び方
セットアップスーツの着こなし術
レディーススーツを着こなすコツ
カジュアルスーツでワンステップ上のおしゃれ
1着は持っておきたいフォーマルスーツ
通販でダウンコートを購入するポイント
レディースウールコートの通販での選び方
女性に人気のコート選び
ドレスに合う女性向けトレンチコート
ダウンのお手入れについて
トレンチコートのお手入れについて
トレンチコートベルトの結び方
レディーススーツに合うコートの選び方
結婚式にお呼ばれした際に選びたいコート
結婚式に最適なトレンチコートの選び方
結婚式に参加する際のレディーススーツの選び方
営業女性におすすめレディーススーツの選び方
レディーススーツのシーン別マナーとは
スーツを綺麗に保つためのお手入れ方法
レディーススーツを着る際のインナーの選び方と注意点
レディーススーツのお手入れの方法
夏に最適なパーティードレスの選び方
就活で着用するレディーススーツの注意点
冬におすすめのパーティードレスの選び方
×閉じる

営業女性におすすめレディーススーツの選び方/お役立ち情報

営業女性におすすめレディーススーツの選び方のイメージ画像

営業女性が着るレディーススーツは、体のラインが出すぎないものを選びましょう。ジャケットとパンツ・スカートはもちろん、インナーのデザインは胸元が開きすぎていないものを着ましょう。 スーツは通年用だけでなく、夏用と冬用を用意して気温の変化に対応できるようにします。寒い季節の外回りに対応できるよう、コートも用意しておきましょう。


スーツのサイズは自分に合ったものを選ぶ

営業職は、相手によい印象を与えられる服装が求められます。レディーススーツは黒・グレー・紺などのシンプルな色を選び、自分の体形に合わせたサイズを着用しましょう。


ジャケット丈はボディラインが出すぎないよう気を付ける

レディーススーツのジャケットは、腰まわりが隠れるくらいの長さが基本です。丈が短すぎるとカジュアルな印象が強くなるため、事前に試着してサイズを合わせておきましょう。 バストが大きい人は、胸元がゆったりしたデザインを選ぶと体のラインが目立ちにくくなります。 営業職の場合、ジャケットは長袖が基本です。袖丈は親指の付け根から1冂度の丈で調節し、肩幅はぴったりに合わせてください。


スカートとパンツは裾の長さに気を付ける

ボトムスはスカート・パンツともに、裾の長さに気を付けてください。スカートは立ったときに膝が隠れるくらいの丈、パンツの丈はパンプスを履いたときに床から3冂度上になるようにすると綺麗に見えます。 背が低い人がスカートを履く場合は、膝の中央程度に丈を合わせると下半身がすっきりして見えます。 ウエストは少し余裕があるサイズにして、横のしわを防ぎましょう。スカートのファスナーは、ヒップトップの上に来るように調節してください。


インナーはシャツとカットソーを使い分ける

スーツを着る機会が多い営業職は、インナーでコーディネートに変化を付けましょう。インナーには、シャツとカットソーの2種類を使い分けると便利です。


改まった場面ではレギュラーカラーのシャツがおすすめ

初めて取引先に向かうときや、大事な打ち合わせのような改まった場面では、レギュラーカラーのシャツがおすすめです。色は白を基本とし、パステルカラーを数枚揃えて使い分けましょう。 フリルやリボンなどの装飾があるシャツは、何度か顔を合わせた相手や定期的な打ち合わせなどで着ると新鮮な印象を与えられます。 しわが多いシャツはだらしなく見えてしまうため、シャツのサイズは自分に合ったものを選びましょう。特にしわが寄りやすいバストトップのサイズを最初に合わせ、袖や裾の丈を調節してください。


カットソーは混合素材を選ぶ

カットソーの素材は、綿とポリエステル・綿とレーヨンといった混合素材がおすすめです。綿100%の素材はカジュアルな印象が強いため、特に改まった場面では避けてください。 カットソーのデザインは透け感が無く、胸元が見えないもの着用してください。 カットソーの色もシャツと同じく、白とパステルカラーを揃えていると着回しできます。寒い季節はタートルネックのカットソーやニットを使って、冷え対策を行いましょう。


営業職の女性は夏用・冬用・通年用のスーツを使い分ける

スーツには、季節を問わず使える通年用に加えて夏用と冬用の生地があります。営業職の女性は通年用だけでなく、夏用と冬用のスーツも用意して服装の調節をしていきましょう。


夏用スーツは通気性がよいウォッシャブルスーツが使いやすい

汗をかきやすい夏は、通気性がよいサマーウールを始めとする通気性がよい素材を使ったスーツがおすすめです。 夏用スーツは背中部分に裏地がない背抜きという設計が一般的で、7分袖のジャケットも販売されています。 夏用スーツは自宅で洗えるタイプを選び、着るたびに洗濯をして汗ジミやにおいが残らないようにしましょう。


冬用スーツはコートとのコーディネートも大切

冬用スーツの素材は、保温性に優れたウールが一般的です。仕立ては服全体に裏地が付いた総裏という仕様になっており、通年用に比べて厚みがある点が特徴です。 冬用スーツは室内での着こなしはもちろん、コートとの組み合わせも重要です。 スーツ用のコートはトレンチコートが最も使いやすく、スカート・パンツの両方に合わせられます。コートの色は春先ならベージュ、秋〜冬には黒と紺が合わせやすいです。


【まとめ】営業女性は妥協せずにスーツを選ぶ

さまざまな立場の人と会う営業職にとって、スーツの着こなしはとても重要なポイントです。サイズや素材は自分に合ったものを選び、長くスーツを着られるように手入れを行いましょう。しわができやすい部分には、脱いだ後にスチームをかけてください。





営業女性におすすめレディーススーツの選び方

57商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
57商品 1-57表示
  • <
  • 1
  • >
57商品 1-57表示
  • < Prev
  • Next >

_