お役立ち情報一覧
お役立ち情報一覧
結婚式・披露宴時の服装について
結婚式・二次会の服装について
パーティーの服装について
入学・入園式の服装について
普段使いに着回しできるドレス
結婚式でのコートの選び方
レディーススーツの選び方
セットアップスーツの着こなし術
レディーススーツを着こなすコツ
カジュアルスーツでワンステップ上のおしゃれ
1着は持っておきたいフォーマルスーツ
通販でダウンコートを購入するポイント
レディースウールコートの通販での選び方
女性に人気のコート選び
ドレスに合う女性向けトレンチコート
ダウンのお手入れについて
トレンチコートのお手入れについて
トレンチコートベルトの結び方
レディーススーツに合うコートの選び方
結婚式にお呼ばれした際に選びたいコート
結婚式に最適なトレンチコートの選び方
結婚式に参加する際のレディーススーツの選び方
営業女性におすすめレディーススーツの選び方
レディーススーツのシーン別マナーとは
スーツを綺麗に保つためのお手入れ方法
レディーススーツを着る際のインナーの選び方と注意点
レディーススーツのお手入れの方法
夏に最適なパーティードレスの選び方
就活で着用するレディーススーツの注意点
冬におすすめのパーティードレスの選び方
×閉じる

レディーススーツのお手入れの方法を詳しく解説!長く着続けるためのコツを伝授します。/お役立ち情報

レディーススーツのお手入れの方法についてのイメージ画像

レディーススーツを長くきれいに着続けるなら、日頃のお手入れが大切です。 汚れをそのままにしてしまうと、繊維の中に入り込んで、生地自体を傷つけてしまうことも多いです。 そこで今回は、レディースーツのお手入れ方法について、必要なアイテムや注意点なども含めて詳しく解説いたします。


レディーススーツのお手入れに使う3つのアイテム

レディーススーツのジャケットについてのイメージ画像

清潔感のあるレディースーツで仕事を続けるには、日頃のお手入れが欠かせません。 お手入れをするには、道具がいくつか必要です。新規にスーツを仕立てる場合は、必要に応じて合わせて購入しておくことをお勧めします。 レディースーツのお手入時に使う道具として、ブラシ、ハンガー、霧吹きについてご紹介いたします。


1. 誇りを落とすブラシ

スーツの汚れを落とすため、ブラシは欠かせません。 紺や黒など濃色のスーツの場合、糸くずやほこりは大変目立ちます。1つや2つなら指で取り除くこともできますが、スーツ全体をきれいにするならスーツ専用のブラシが必要です。 ブラシ自体は、スーパーの衣料品販売コーナーにいけば、1,000円以下で見つけられるでしょう。100円ショップでも販売していることが多いです。 ただし、ブラシの素材は化学繊維ではなく、豚毛や馬毛のものが望ましいです。


2. スーツ専用のハンガー

型崩れしないように、レディーススーツの着用後は必ず上下ともハンガーにかける必要があります。 その際、クリーニング店などから無料でもらえる針金ハンガーを使うことはおすすめできません。スーツ専用の厚手のハンガーを別途購入しましょう。 スーツ専用のハンガーなら、スーツの型崩れを防ぎやすいです。スーツの肩があたる部分が厚めのハンガーを選ぶようにしましょう。


3. しわ取り用の霧吹き

レディーススーツにしわができてしまったら、霧吹きを利用し、水分を吹きかけることできれいにできます。 霧吹きは、ホームセンターや100円ショップなどで販売している商品で問題ありません。 大きなしわの場合はアイロンを使う必要がありますが、小さなしわであれば、霧吹きだけでも十分対応できます。普段使いのため、1つ用意しておくとよいでしょう。


レディーススーツのお手入れ方法を詳しく解説

レディーススーツのお手入れ方法を詳しく解説についてのイメージ画像

レディーススーツのお手入れ方法について解説いたします。 仕事で使うレディーススーツは、社会人としての顔ともいえる重要アイテムです。お手入れを怠るとくたびれた感じが出てしまい、社会人としての評価にも影響を与えかねません。 日頃からこまめにお手入れしましょう。


ウエスト

ボトムスを選ぶ時のウエストサイズは、ぴったりしていないサイズがおすすめです。 ぴったりしすぎる場合は、横しわができやすく、見栄えが悪くなる可能性があるため、手の平が一つ入る大きさを選ぶことがポイントです。


1. レディーススーツを脱いだらすぐにブラッシング

着用後はブラッシングを行います。 とくに天然ウール素材のレディーススーツの場合、ホコリや汚れを付着したままにしておくと生地を傷め、シワが生じるため注意しましょう。 ブラッシングは胴体の前の部分である前身頃(まえみごろ)からスタートし、上から下へと繊維に沿って行うのが基本です。横向きや斜め、下から上に向けてといった方向でブラシをかけても、きれいにホコリ・汚れは落ちません。 背中部分の後見頃(うしろみごろ)には髪の毛やフケが付着していることもあるため、念入りにブラッシングしましょう。


2. 汚れには素早く対処する

仕事中、スーツに飲食物を付けてしまった場合は、すぐにハンカチまたはティッシュで拭き取ります。その際、汚れが広がらないように注意しましょう。 帰宅したらタオルを2枚用意して、一方を汚れの付いた表面にあて、もう一方は水で濡らして、汚れの裏側からポンポンとたたきます。裏側から表面に向かって、汚れを移していくというイメージです。数分置いてから、再びタオルを水で濡らし、同じ作業を行います。 この作業を行う場合、スーツに付いている「選択絵表示」を事前に確認してください。水で濡らしても問題ない場合に限り、行うことができます。 汚れが落ちない場合や自分では対処できない場合は、クリーニング店にお願いしましょう。


3. 1日着たらハンガーにかけて2日休ませるのが理想

ホコリや汚れを落としたら、ハンガーにかけて保管します。その場合、できれば1日着たレディーススーツは2日休ませるのが望ましいです。 仕事で毎日レディースーツを着る必要のある方は、ローテーション用に複数着用意しておくことをおすすめします。 専用ハンガーで2日休ませると、小さなシワは服の重みできれい伸びるでしょう。目立つシワがある場合は、保管前に霧吹きをかけておきましょう。


レディースーツを長く着こなすにはお手入れが肝心!自分でできることは多い

レディースーツを長く着こなすにはお手入れが肝心についてのイメージ画像

社会人の女性に欠かせないアイテムであるレディースーツは、お手入れを怠るとすぐに傷んでしまいます。 記事を参考に、お手入れに必要なアイテムを用意して日頃からしっかりケアしましょう。



おすすめレディースーツ


レディーススーツのお手入れの方法

64商品

おすすめ順 価格順 新着順

64商品 1-60表示
64商品 1-60表示

_