披露宴時の服装について
式・二次会の服装について
パーティーの服装について
入学・入園式の服装について
普段使いに着回しについて
ダウンのお手入れについて

パーティーの服装マナー/お役立ち情報

パーティーの服装についてのイメージ画像

知っておきたい
パーティーの服装マナー

披露宴や結婚式の二次会といったある程度知っている人が集まって行われるお祝いのイベントならば、その場に合ったマナーは知っている方も多いことでしょう。 また、これまでの経験からどの程度の服装で参加すれば良いか直感的にわかるという方もいると思いますが、 パーティーの服装になると少し戸惑ってしまう方も多いのではないでしょうか。
そもそも日本の文化の中でパーティーが行われることは稀ですし、普通に生活していれば、パーティーに参加する機会もそれほど多くはないはずですので、これは仕方のないことです。
パーティーに参加する際には、どのような点に注意して服装を選んでいけば良いのでしょうか。 冠婚葬祭とは少し違う、大人の世界であるパーティーでは、どのようなファッションで臨めば良いのかについて見ていきましょう。 また、着方やこれだけは避けるべきというファッションについてもご紹介していきます。 これからパーティーに参加しなければならないという方も、そうでない方も今後の予備知識としてぜひ参考にしてみてください。



時間帯によって変わる正装

時間帯によって変わるのイメージ画像

和服に振袖や留袖、小紋などの格式があるのと同じように、パーティーに着ていくドレスや服装についても格式が決まっています。
格調高い伝統的なホテルや高級ホテルなどが会場の場合には、パーティー参加者の服装が決められており、 パーティーのクオリティを下げてしまわないようにドレスコードなるものが決められています。
ドレスコードは、男性と女性でそれぞれ決められており、昼間と夜間でも大別されています。
また、イベントの内容に合わせて、フォーマルとセミフォーマル、インフォーマルと分けられています。
格式の高い正装は、女性が昼間はアフタヌーンドレス、夜間はイブニングドレス、男性は昼間がモーニングコート、夜間はタキシードやテールコートになります。
参考までにセミフォーマルについてもご紹介しますと、女性の昼間はセミアフタヌーンドレス、夜間がカクテルドレスとなり、 男性は昼間がディレクターズスーツやブラックスーツ、夜間はタキシードとなります。


おすすめのアフタヌーン
・セミアフタヌーン・イブニングドレス


このように、ドレスコードはパーティーが開催される時間帯と格式の高さによって決められていますので、参加するパーティーによって着分けていく必要があります。 もしもドレスコードが不明だったり、何を着て行けば良いのか分からなかったりした場合には、会場に直接電話で問い合わせて教えてもらうか、 もしくはイベントの関係者に教えてもらうことをおすすめします。
仮に立食パーティーに参加する場合には、基本的に立っていることになりますので、高いヒールなどを履いていると不自由してしまいがちです。 具体的に言うと、意外と歩くことになりますので、女性は低めのヒールで歩きやすいものを選んでおいた方が無難と言えます。この点にはあらかじめ注意しておくと良いでしょう。


シーン合わしたトータルコーデを目指そう

シーン合わしたトータルコーデを目指そうのイメージ画像

男性がパーティーに着ていく服の着こなし方については、それほど特筆すべきことはありません。 強いて言えば、サイズがしっかりとフィットしている物を選ぶ必要があるということくらいです。 どちらかと言うと着こなし方やコーディネートよりも、服の選び方に記載したようにイベントに合った服装になっているかどうかの方が重要ですので、 その他については常識の範囲内で着こなしていくと良いでしょう。
一方で女性の場合には、ドレスの他にもバッグやアクセサリーといったアイテムをトータルコーディネートとして合わせていく必要があり、こちらの方が大変です。
例えば、ノースリーブのドレスは着て行っても良いのかどうかについても様々な見解があり、カジュアルなイベントならば着て行っても良くても、 結婚式のパーティーなどのようにフォーマルなシーンでは露出は避けるべきといった具合に、イベント内容によっても着こなしは考えていく必要があります。


ドレスとセットで合わすとバッチリ★
おすすめボレロ・ショール


昼・夜に合った小物選び

昼・夜に合った小物選びのイメージ画像

小物については、結婚式などのフォーマルなイベントでなければ好みの物を身に付けていっても大丈夫です。


バッグ

バッグ選びのイメージ画像

パーティードレスに似合うバッグを選ぶ方法は、実際のパーティードレスと合わせてみましょう。 ドレスをお買上げした時に一緒にバッグも購入してしまうのがおススメです。 クラッチバッグやハンドバッグなど、型によって雰囲気や使い勝手が異なってきますので、シーンや服装にあわせて選択しましょう。 ドレスに合わせやすいカラーは、シャンパン色やゴールド、シルバーといった華やかな色がどんなドレスにも合せられます。

おすすめのパーティーバッグ


アクセサリー

アクセサリー選びのイメージ画像

お昼の場合は光を抑えたパールやビーズ素材、夜のパーティーなら華やかな雰囲気なものと、時間帯に合わせて選ぶ事が望ましいです。 おすすめなのはやはりパール。どんな時間帯、パーティーシーンでも抜群の安定感のあるアクセサリーです。 シックで存在感を出すシルバーや、シンプルにワンポイントの華やかさを演出してくれるゴールドも人気です。 ドレスや時間帯に合わせたアクセサリーを選びましょう。

おすすめのアクセサリー



しっかり押さえておきたい
パーティーマナー

パーティーマナーのイメージ画像

男性の場合も女性の場合も、全身真っ黒なコーディネートはNGとまではいきませんが、避けておいた方が無難です。 黒は日本でも海外でも喪服を連想させることになり、お祝いごとの席ではタブーになります。お祝いではない社交パーティーの場合でも、 それほど良いものとはされませんので、こちらのシーンでも避けておいた方が無難と言えます。
女性は足元にも注目してコーディネートしていく必要があります。つま先は出さないのが基本で、また派手過ぎないのも基本となります。
高いヒールだと歩きづらさを感じてしまうかもしれませんので、ヒールを履くならば低めのものを選んでおくと良いでしょう。パンプスを選んでおけば一応間違いは起こりません。
また、ストッキングについても注意が必要です。素足で参加することはタブーとなり、基本的にストッキングを履いて参加するものだと覚えておくと良いでしょう。 もちろんこちらも派手な柄のストッキングや、厚いタイツなどもタブーとされていますので注意してください。


NGのコーディネートの例

派手なストッキングや素足はやめましょう。


まとめ


シーンや時間帯に合わせたコーディネートを選んでいきましょう。マナーに沿ったきっと素敵な時間になるはずです。


パーティーの服装について

31商品

おすすめ順 価格順 新着順

31商品 13-24表示
31商品 13-24表示

_