― RUIRUE BOUTIQUE ルイルエブティック ―
ドレス通販 RUIRUE BOUTIQUE >お役立ち情報 >結婚式・二次会の服装について
今さら聞けないシーン別
マナー・NG・着方・選び方
■披露宴の服装について
■結婚式・二次会の服装について
■パーティーの服装について
■入学・入園式の服装について

お手入れ・保管方法・豆知識
■ダウンコートの失敗しない洗い方と簡単に出来るお手入れ方法について
二次会の服装についてのイメージ画像

結婚式・二次会の服装マナー

挙式や披露宴ではなく、二次会からお祝いの席に参加するというケースはよくあります。 新郎は男友達を、新婦は女友達を呼ぶのが通例ですが、異性の友達はいるものですし、せっかくのイベントを友人と一緒に楽しみたいということもあるでしょう。 挙式や披露宴はやはり人数の関係などもあって、来てほしくても呼べなかったということは多々あります。そんな時には、二次会から呼ばれるのが一般的です。

結婚式の二次会に呼ばれたものの、どのような服装で参加するのかについては迷ってしまうものです。 招待状には、平服でお越しくださいと書いてあるけれど、どんなものを着たらいいのだろうと迷ってしまった方は、まずはこの言葉の意味から考えていく必要があります。 ここで使用されている平服という言葉は、「礼服や正装でなくても良い」という意味であって、普段着のまま参加しても良いという意味ではありません。

二次会NGの服装
二次会のNG服装のイメージ画像

普段着のままでの参加はやめましょう。
披露宴の場合は、その場にふさわしい礼服を着て参加することがマナーですが、二次会のように少し砕けた雰囲気のイベントでは堅すぎる服装を選んでしまうのも問題です。 言うならば、フォーマルとカジュアルのちょうど中間のような服装を選ぶことがベストとなります。
それでは、どのような点に注意して二次会の服装を選んでいけば良いのでしょうか。選び方や着方、服装のマナー、NGなマナーなどについて見ていきましょう。



会場に合った服装選び

会場にあった服装についてのイメージ画像

結婚式の二次会における服装選びについて、まず注意しなければならないのが、会場に合った服装かどうかという点になります。
二次会の会場として選ばれやすいケースは、ホテルのパーティールームやレストラン、一般的なレストランやバー、居酒屋などのおおよそ3種類に分類できます。
 ・ホテルなどのかしこまった場所は、フォーマルかセミフォーマル程度の服装。
 ・一般的なレストランなどの場合にはセミフォーマルな服装。
 ・居酒屋などが会場の場合にはカジュアルめな服装。
それぞれのケースによって求められるふさわしい服装は異なりますのでよく確認しましょう。


フォーマルにおすすめのドレス
セミフォーマルにおすすめのドレス
カジュアルにおすすめのドレス


ドレスとセットで合わすとバッチリ★おすすめボレロ・ショール



次に、ファッションの加減と境界線についてですが、これは非常に難しい問題です。どこからがフォーマルかセミフォーマルか、 はたまたカジュアルになるのかという分類は、人の感覚によるものですので、あまりに極端過ぎない程度で考えておくと良いでしょう。
カジュアル過ぎないよう、あるいはフォーマル過ぎないよう、もしくは派手過ぎないように心掛けて服装を選んでいきましょう。
あくまで二次会は礼服でなくても良いという前提がありますので、マナーを気にし過ぎるのも少し違いますね。最低限のマナーを守った上で、会場に合った服装を選びましょう。




目立ち過ぎるような着こなし方に注意

服の着方については、服装に合わせて考えていく必要がありますが、だらしない着方にだけはならないよう注意していくと良いでしょう。
フォーマル寄りの服装を選んだにも関わらずカジュアルな着こなし方をするのも考えものですし、 また逆にカジュアル寄りの服装を選んだにも関わらずピッシリと着るのも少し違いますね。 しかし、カジュアル寄りの服装でも、着こなし方があまりだらしないものはNGとなりますのでこちらも注意が必要です。 カジュアルとは言っても部屋着や普段着のような着こなし方ではない程度にしっかりと着こなす必要があります。
この他には、目立ち過ぎるような着こなし方は避ける必要があります。いくら結婚式の二次会とはいえ、主役となるのは結婚式と変わらず新郎新婦です。 主役よりも目立ってしまうようなファッションにしてしまうことは、大前提としてNGとなりますので、この点はしっかりとわきまえておく必要があります。 男性でも女性でも、派手なものだけは身に付けるべきではないと覚えておきましょう。



カジュアルファッションはNG

カジュアルなファッションNGのイメージ画像

結婚式における服装のマナーと同様、二次会でもアニマル柄は着用がNGとなります。
アニマル柄はお祝いの席に相応しくはありません。 また、デニム生地のファッションや、スーツやスニーカー、サンダルなどのあまりにカジュアルなファッションについても同様にNGです。
カジュアルと言っても限度がありますので注意が必要です。
男性がこの他に注意しておきたいこととしては、ブラックを基調としたファッションはNGであるという点です。 ブラックは喪服に使用される色で、あまり縁起の良い色とはされていません。また黒でなくともダークグレーのような暗めの色は使用を避けておいた方が無難と言えます。 シャツの色やネクタイの色としてグレーは無難な色として選んでしまいがちですが、結婚式の二次会ではもう少し明るめの色のものを着用した方が良いでしょう。

女性の場合には、全身真っ白のコーディネートは避けておくことや、露出が多すぎる服装は避けるのがマナーになります。
白いアイテムを使用するのは大丈夫ですが、基本的に新婦は白いドレスを着て登場することが多く、 新婦のファッションと被ってしまう可能性を考慮すると白系でまとめるのは避けるべきと言えます。 また、サンダルやブーツ、ミュールなども履かないようにするのがマナーになっていますので気を付けてください。


NGのファッションの例



二次会の服装を素敵に見せてくれる小物選び

二次会の服装用の小物のイメージ画像

披露宴と二次会では服装のマナーも違ってきます。新郎新婦のご友人が中心の二次会では同じパーティーでも雰囲気が違ってくるものです。 たとえ、披露宴と同じドレスでもアクセサリーや小物で、二次会スタイルの素敵な服装にガラリと変えられます。



二次会を更に華やかに演出するバッグ

二次会のバッグのイメージ画像

二次会だけ参加する場合、基本はパーティーバッグとサブバッグの組み合わせスタイルが一般的です。 二次会に合わせたバッグも用意しておきたい。さてどういったものを選べばいいか見ていきましょう。




機能性も備えたパーティーバッグ

二次会のパーティーバッグのイメージ画像

まずパーティーバッグは大きすぎないものが基本です。光沢感のあるものは良いですが、ありすぎるとかえって安っぽく見えてしまうので避けましょう。 ある程度機能性も意識したバッグ選びが大事です。荷物の量に合わせて膨らむタックが入ってるものや、移動することも多い二次会では、 肩から掛けられるタイプも機能性がありますのでおすすめです。色はシャンパンゴールドなど上品な色味が一般的となります。

おすすめのパーティーバッグ




二次会の急な荷物にも対応できるサブバッグ

二次会のサブバッグのイメージ画像

あまりに大きなサブバッグは周りの人の迷惑となりかねないので、大きさはA4サイズぐらいまでのものが理想です。 また、サブバッグとはいえ、やはりアニマル柄や、派手な色やデザインのものは避けた方が良いです。 基本は小さめでかつ控えめな無地のものを選びましょう。

おすすめのサブバッグ



アクセサリー

二次会のアクセサリーのイメージ画像

二次会は夜に行われること多いですので、キラキラとしたものがおすすめです。 ラインストーンがついたパールアクセサリーや、ブレスレットなどもおしゃれ度があがり大変人気です。 控えめのワンピースにドレッシーなアクセサリーをコーデするだけでも華やかさがアップします。

おすすめのアクセサリー



まとめ

2次会は、結婚する2人をお祝いする場ですので、綺麗にドレスアップしてと言ってもあくまで主役は花嫁です。 花嫁の色の白色の服装や、派手な色、セクシーすぎるデザインは花嫁よりも目立ってしまう為、忘れず避けるようにしましょう。 気をつけたいポイントもしっかりチェックして、ステキで楽しい思い出に残る二次会にしてください。





[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
前のページへ 全 [31] 商品中 [31-31] 商品を表示しています

前のページへ 全 [31] 商品中 [31-31] 商品を表示しています

>
カテゴリー

ご不明な点はございますか?