― RUIRUE BOUTIQUE ルイルエブティック ―
ドレス通販 RUIRUE BOUTIQUE >お役立ち情報 >披露宴の服装について
今さら聞けないシーン別
マナー・NG・着方・選び方
■披露宴の服装について
■結婚式・二次会の服装について
■パーティーの服装について
■入学・入園式の服装について

お手入れ・保管方法・豆知識
■ダウンコートの失敗しない洗い方と簡単に出来るお手入れ方法について
披露宴の服装についてのイメージ画像

これで大丈夫♪いまさら聞けない披露宴の服装マナー

披露宴に参列する際に大前提として注意しておきたいことは、新郎新婦よりも目立つ服装にはしないという点です。 披露宴の主役はあくまでご結婚される新郎新婦となりますので、それ以上に目立つことは失礼になってしまいます。 男性でも女性でも同じことが言え、その上でフォーマルさを欠かしてはいけないため、披露宴の服装選びは慎重に行っていく必要があります。 この他にも、披露宴のゲストとして呼ばれたとしても、新郎新婦との間柄によっては服装が変わるという点にも注意しなければなりません。

男性の場合、披露宴にふさわしい服装はスーツかタキシードになります。 スーツは白など目立つような色のものではなく、冠婚葬祭には必須の落ち着いた色のスーツか、もしくはディレクタースーツが選ばれるのが一般的です。 タキシードについては、披露宴が日没以降に行われる場合に着用するのが普通で、格調の高さで言えば最上級になります。 披露宴の時間帯によって、タキシード、ディレクターズスーツ、通常のスーツを分けていくと良いでしょう。

女性の場合は、アフタヌーンドレスやイブニングドレス、セミアフタヌーンドレスを着て披露宴に参加するのが一般的です。 カクテルドレスやタウンフォーマルウェアなどは少々カジュアル寄りで、男性で言うところのスーツと同じ立ち位置になります。 また、女性の服装でも同じく披露宴の時間帯で分けることができます。昼間ならばアフタヌーンドレス、日没以降ならばイブニングドレスを着て参加するのが正式とされています。


おすすめのドレス


色合いやデザインについては、あまり派手過ぎるものはNGとなります。



この他に注意しておきたい点としては、和装についてです。
未婚の女性ならば振袖が正装となりますが、振袖は華やかなデザインのものが多いため、デザイン選びには注意しなければなりません。
また、他国のドレスや正装にも注意する必要があります。例えば中国ならばチャイナドレス、ベトナムならばアオザイなどがありますが、 こういったドレスは日本の結婚式の場にそぐわない服装であるとされています。



明るさと爽やかさを考慮したトータルコーデ選び

トータルコーデ

男性が服装を選ぶ上で最低限注意しなければならないポイントは3つです。
シャツとネクタイ、そして靴です。
シャツはできれば白いものやさわやかなブルー系を選ぶようにしてみましょう。黒や派手な色のシャツは、オシャレかもしれませんが冠婚葬祭の場には適していません。 ネクタイについてはキャラがデザインされている物やアニマル柄、黒色のネクタイは避けましょう。 靴についてはプレーントゥやストレートチップの革靴を履くのがおすすめです。

女性は細かな部分も含めてドレス選びを進めていく必要があります。髪型、ネイル、バッグ、化粧、イヤリングやネックレスなどが着目すべき点になります。控えめでも、明るさと爽やかさを忘れないデザインのものをそれぞれ選んでいくようにしましょう。



時間帯に合わせて着る

時間帯で着る

スーツやタキシードの着方については、身の丈に合った物を選び、きちんと着ていかなければなりません。 丈が合っていなくて、袖が長すぎたり裾が長すぎたりするとだらしなく見えてしまいますので注意しましょう。 サイズが合ったものを着る、これは最低限必要な着方になります。ネクタイも緩めて着るのはNGですし、白いソックスを履くのもNGです。

女性の場合は、白いコーディネートで統一するのは新婦と被ってしまうことに繋がりますので避けましょう。 イブニングドレスは肩口から手元にかけて露出するデザインが一般的ですが、こちらは夜用のドレスですので昼間の披露宴に着ていくのはNGです。



絶対知っておきたいマナー・やってはいけないNG

披露宴で知っておきたいマナー

結婚披露宴では、アニマル柄などのファッション、アイテムはNGとなります。 これはマナーとして最低限知っておくべき事項です。この他にも、縁を分かつような意味にとられる可能性のあることは皆さんがご存知の通りで、 例えばご祝儀は割り切れる金額を包むべきではないなどマナーはいくつもありますので、一通り頭に入れた上で参加するようにしてください。 他に注意すべきこととしては、冬場などの寒い時期の場合におけるコートについてです。 コートは着ていくのはもちろん大丈夫ですが、セレモニー中などにはカジュアルコートを着て参加するのはNGとなります。

NGのカジュアルコートの例
  • カジュアルコート01の画像
  • カジュアルコート02の画像


男性であれば、夏場などの暑い時期には半袖のシャツを着たいと考えるかもしれませんが、こちらについても同様にNGとなります。



披露宴とコーデに合った小物選び

披露宴にあったコーデの小物選び

スーツ、もしくはドレスを着ていれば、他は何を着ていてもどのようなバッグ・アクセサリーを付けていても良いというわけでもありません。 男性も女性も、全体のコーディネートがまとまるように注意して、派手な物はできるだけ身に付けないように心掛けましょう。 小物アイテムにも動物柄や殺生をイメージさせるもの、またはカジュアルな綿素材なものもマナー違反となっております。 ドレスにあわせて小物アイテムもフォーマルなものを選びましょう。


NGのバッグ・小物の例
  • NG小物の画像03
  • NG小物の画像04
  • NG小物の画像05
  • NG小物の画像06



結婚式・披露宴で必須のバッグ

披露宴にあわせたバッグ

バッグは、パーティーバッグとサブバッグ両方組み合わせてもっていくのが良いでしょう。


会場内で大活躍のパーティーバッグ

披露宴にあわせたパーティーバッグ

結婚式会場内に持ち運べるのは、基本的にパーティーバッグだけがマナーとなります。 バッグの形は小ぶりな物が適していますが、必要最低限のものが入るかどうが確認しておきましょう。 また、会場によっては立食など移動が予想される場合、肩から掛けれられるタイプかどうかも確認しましょう。

おすすめのパーティーバッグ


持ち運びに便利なサブバッグ

持ち運びに便利なサブバッグ

良く見かけることが多いのが高級ブランドの紙袋。本来購入した品物を持ち帰るだけのものですので華やかな結婚式ではマナー違反となります。 披露宴にふさわしいサブバッグは上質な素材が理想的です。サテンなど多少光沢感のあるバッグが良いとされています。 形はトートタイプで大きさはA4サイズぐらいが定番です。あと、お葬式などを連想させる黒色や花嫁の色とされる白色も避けるようにしましょう。 サブバッグは会場内に持ち運ぶ行為はNGとなりますので、必要なものはパーティーバッグに移し、クロークなどに預けましょう。

NGのサブバッグの例
  • NGバッグの画像01
  • NGバッグの画像02


おすすめのサブバッグ



披露宴でシックに煌くアクセサリー

披露宴におすすめのアクセサリー

アクセサリーについては、揺れるような大きなアクセサリーや、ブラックパールのような暗い色合いの物はできるだけ避けるようにしましょう。 おすすめなのは、白いパールなどのアクセサリーとなります。パールネックレスやパールのイヤリングは冠婚葬祭には必須のアイテムだと覚えておくと良いでしょう。

おすすめのアクセサリー



まとめ

このように、時間帯や季節によって着ていく服や着方のマナーが異なる事や、コーデに合わした小物選びなど知っておくべきと言えます。マナーを守って、素晴らしい幸せな結婚式にしてください。





[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [22] 商品中 [1-22] 商品を表示しています





全 [22] 商品中 [1-22] 商品を表示しています

>
カテゴリー

ご不明な点はございますか?